今の状態をよくかんがえておくことが大事

人ははまっていればそろそろ出せるのでは?という心理状態になりますが、ほとんど出ません。稀に出るケースがありますが。基本出る台が出るのです。そして、大当たり回数もそうですが、しっかり状態に入りお持ち帰りしたような代がはまっている場合です。

どんな設定がよくてもハマリの状態は存在して、流れの中で簡単に600Gなどはまるのです。

表面的ゲーム数にとらわれるのではなく、今台がどういった状態かが大事。そして出てる台が一体何ゲーム位で当たってるかなど、そういったことをよく見てください。消しては待ってる台を打つことが悪いということではなく、あたりを引く可能性が極めて低いこと、仮に当たっても状態に入る可能性がとても低いことが言えるのです。

そして、現状は台の上に大当たり回数、今までの回転数などデータを参照することが可能です。ですが、それだけにとらわれず、実践感覚を身につけたほうがいいはずです。そしてデータはとても役立ち、昔はそれがなくて灰皿を見て判断する方法もあったぐらい。

タイミングをつかむことがだいじ

パチスロ初心者は手目押しできない方もいます。リールが回転していてもよくわからない。でもスロットはそういう台、まったく目押しがしたくなければパチンコを打ってください。目押しはスロットの大きなだいご味。そしてどうしてもスロットで勝ちたくて、メダルをたくさんだ?したくてホールに通ってましたが、今よりリール幅が狭く絵柄が小さくて見えなくてそれでも勝ちたかったのです

そしてそうした気分で売ってれば目押しにチャレンジしてればだんだん見えてくるようになり、最初は大きな絵柄、目立つ絵柄しかわからない状態。なのでみにくい7はうまく目押しできなかったです。今の台は、絵柄が大きくバックライトも普通、コマ数も少ないので、簡単い目押しでき理うようになっていて、さらに今ホールに行かなくてもスマホでも実戦さながらにスロットを打てます。これはタイミングでリール回転数は決まっていて、このタイミングさえつかめば誰でも目押しができるはずです。

辞め時を考えておくことは大事

スロットはどうやれば出るのかなどがありますが、最初パチンコを打っていて、スロットは自分に縁がないと思ってましたが、なぜか売ってみたくなったのです。そして、基本パチンコと全く一緒。これは球ガチャッカーに入ったら乱数を選択して、あたりかはずれが決まっています。そしてスロットはスタートレバーオンのとき決まってジャグラーなど売っていればレバーオンのときペカル事から理解していただけるはず。そして、勝負事で、勝つ確率をいかに上げるか、負けを最小限に抑えるかを考えれば、おのずと勝率を挙げられるはず。基本的にパチ屋がもうかるシステムになっていることを忘れないようにしましょう。お客の8~9割は負けるようになっていて、せっかくかってても調子に乗っていれば全部持っていかれてしまいます。

そして、打ちたいというのと勝つというのを混同しないように。千円当たったら、恵贈するかもしれないですが、ここでやめれば収支はプラスなのです。

分からないことなどがあれば

分からないことは店員に効いてください。そして、メダル交換位は2通りあって、出たメダルをドル箱に入れそのままコインカウンターにもっていく・ジュースなどの枚数分手にもってコインカウンターまで行く。これは一緒で、ホールによって若干違いがありますが、隅っこにコインカウンターが設置されていて、枚数を数えてくれる機械で、店員さんが気がついて寄ってきますから、交換を。

コインカウンター設置場所がわからないと、それ自体店員にきいてください。そして、自分の打ってる台の上の方にデータ表示する機械があると思いますが、そこは店員を呼ぶボタンがついており、歩いて聞くのが面倒なら、それを押せば手が来てくれます。遊戯法がわからない、どうやって借りるかわからないなどすべてその呼び出しボタンが解決してくれます。

そして、万が一沢山メダルが出たときも同じで、コインカウンターまで一人で持っていくのは難しいので、台の上の呼び出しボタンで店員を呼びましょう。

交換について覚えておくこと

パチンコでもスロットは基本は一緒で、球1個いくら、コイン1枚いくらが決まっていて、それと交換するとき異なるときがあるので、ややこしいだけ。すべてのレートで等価交換なら分かりやすいですが、そうはいかず、そのホールに依存します。いきなれたホールは、換金率がわかっていて問題ないですが、初めていくホールならとても危険。そして、景品交換は全部等価交換。レート依存します。いまホールはとても親切で景品はコイン何枚分、球何個分としっかり表示されることが多く、レートも5スロなら何枚分と書いてあるところも。そして、換金と言っても直接金銭交換するのではなく、通常の景品交換と同じように専用特殊景品に交換することに。そして、特殊景品、通常景品と違って、等価交換なら何も問題なく、借りたときの額と一緒だから。

ですが、ホールによって換金率が異なることがかなりあり、レートによって換金率が異なることも少なくないです。覚えておきましょう。

心にゆとりを持って打つ

折角安く引いたにもかかわらず全く状態に突入せず、あっという間に飲まれて終わることはだれもが経験してるはずです。そこでさくっと変えれる方はいいですが、取り返すといった勢いで打ち続ける人が大勢います。残念ですが、そうした台はほぼ出なくて、稀に出ることもあるのですが、経験上殆どありません。そして今の台は、昔と違って突っ込んだらある程度出るものではなく出る台は出て、出ない台はどうやっても出ません。

また、勝負に出るときは飲まれてもいい覚悟で続け、台を離れるのを決めることが大事。少ない軍資金ではホールに行かない方がいいと思います。心のゆとりがまるで違いはじめから負けると思えば負けて、反対に負けてもいいぐらいの気持ちなら、負けてもダメージがすくないです。5スロだけではなくスロットにしろパチンコに過剰投資に注意してください。どうしても慣れれば投資額は多くなってきて、大きく買ったことがあればその印象が強くのこり、まだ出る感覚でうってしまうのです。

北斗強敵勝てないけどやめれない

北斗強敵本当に勝てません。
マイホは30台入っていますが2台位しか出ていません。
客ずきはよくほぼ満席です。
この前も朝一から回し初当りも良くART始まり高確ART終了ジャギステージが多かったので打ち続けました。
継続が悪く最高4セットほぼ単発か2連チャンでした。
200ゲーム位でずっと当たっていたのに最高ハマりの1300で当たりました。
2連で終わりしばらくして弱チェリーから伝承の刻に入りました。
なかなかポイントが貯まらす最後の1ゲームでベルで5ポイント貯まりました。
あと1ゲームポイントが貯まらす0で乗りきれていれば北斗揃いだったのに悔しくてたまりませんでした。
設定が良くても展開が良くないとなかなか勝てない台だと思います。
反対に設定が悪いと絶対に勝てない台だと思います。
分かってはいますが現在ある台で一番好きな台です。
ゾーンが無いところが良いと思います。
新しい北斗がもう少しででますがそれまでに北斗強敵でおもいっきり出したいです。

バジリスク絆の最近打った感想

最近はバジリスク絆に多くの設定が使われているので、昔はまっていましたが、
最近また打つようになっております。
絆の良いところはノっているときのノリノリ感が好きですバジリスクタイム中のバジリスクチャンスがポンポン入ったり、
上乗せもしたりで、きづいたらもうこんな枚数だ、というのも魅力の一つです。
ただバジリスクチャンスが重く、そのうえバジリスクタイムに入らないと地獄なので深追いはしないようにしてます。
設定確定演出があるため、お店側も設定を見せたい時に使いやすい機種なんじゃないかなあと思っています。
設定狙いなら弦の助一択で3ベル、6ベルを祈るばかりです。
6ベルしか見たことがありませんが、ひくまでは打とうと思います。
フリーズは過去2回ひいていますが、残念なことに祝言モードストック1個という結果でしたが。
絆はバジリスクタイムの入りが高設定と低設定で明らかに違います。高設定は2回に1回入るくらい軽く、
伸びなくても増えます。

1回でプレミア演出をたくさん見た話。

私は北斗の拳の転生で一回の遊技でプレミア演出をたくさん見る事が出来ました。
朝一北斗の拳に座り打ち初めて300G程で強チェリーを引き、熱い演出が来るものの発展がなかったのでスルーしたかと思いきやパトライオン登場です。
初めてプレミア演出を見て興奮してました。
ですが二連で終わり出玉伸びずいたのですが、220G程で次はスイカを引きUFOが出現し薄い所で当たりました。
プレミア演出はこれで二回目です。
嬉しかったのですが中々続きません。
そしてハマっては当たりを繰り返し投資が加算していくばかりでしたが、夕方に差し掛かろうとした時強チェリーを引きまた熱い演出はするものの発展はなく回していると、次は宇宙人が出現しました。
これでプレミア演出を見るのは三回目です。
投資も結構していたのでここで何とか挽回しようと思いオーラ昇格チャンスを打っていると、北斗図柄出現しました。
捲れるチャンスが出てSPを打ち始めると勝負魂を10個貯めて12連してくれました。
そして通常のATを打ちキリン柄も出現して15連してくれました。
何とか少しプラスで終る事が出来ました。
大勝はしなかったもののプレミア演出をたくさん見れて良かったです。